これまでの歴史を振り返ってみよう!

2009年アドベンチャーラリー

前年のプロトタイプを基に新しくフォレスト山賊団が活躍するスタンプラリーを開始。
ゴールではダーツによって参加記念品が変わるミニゲームを実施。
手さぐりではじめた為、難易度としては簡単だった。
テーマカラーは「緑」
キーワードは「冒険の始まり」

2009年アドベンチャーラリー

2009年アドベンチャーラリー

2010年アドベンチャーラリー

ゴールでのミニゲームを大幅に強化。
横幅2mもの巨大人食い箱と戦うボス戦は圧巻だった。
また園内には、ダミーのハズレ宝箱もあり開けるたびに盛り上がった。
テーマカラーは「橙」
キーワードは「宝箱を開ける喜び」

2010年アドベンチャーラリー

2010年アドベンチャーラリー

2011年アドベンチャーラリー

ゴールでのミニゲームは電気を貯めて、ボス竜にぶつけて倒すという凝った趣向。
またMAPは初の絵解き問題で、子供たちにも取り組みやすかった。
テーマカラーは「黄」
キーワードは「よーく観察しよう」

2011年アドベンチャーラリー

2011年アドベンチャーラリー

2012年アドベンチャーラリー

純粋にスタンプラリーを楽しんでもらうために、ゴールのミニゲームを廃止。かわりに園内に数々のオブジェを設置。
最後の光の精霊像を見つけられた人はどれくらいいたのだろうか。
かなりRPGっぽい設定と、6つ集めるとボスを倒す巨大武器になる「合体スタンプ」を初搭載。
テーマカラーは「青」
キーワードは「身勝手な精霊達」

2012年アドベンチャーラリー

2012年アドベンチャーラリー

2013年アドベンチャーラリー

前年が少し凝りすぎて、子供たちには難しすぎたのではないかという反省から原点回帰。
王家の秘宝、水晶の武器・防具・アクセサリーをなぜか山賊達が集めて回る物語。
「激ムズ」難易度をクリアされる割合がやたらと今作は高かった。
テーマカラーは「赤」
キーワードは「世代交代」

2013年アドベンチャーラリー

2013年アドベンチャーラリー

2014年アドベンチャーラリー

スタンプを縦・横・斜めにそろえる山賊ビンゴが大好評。
揃いそうで揃わないスタンプ配置にてこずった方も多かったのでは?
そして、ストーリーモードでは、フォレスト山賊団の結成の秘密が、ついに明かされる。
カイルとルカの正体も判明!
そして、オヤブンの墓碑に刻まれた文字に感動!
テーマカラーは「紫」
キーワードは「親と子」

2014年アドベンチャーラリー

2014年アドベンチャーラリー

2015年アドベンチャーラリー

フォレスト山賊団の最終章は、大人になったカイルとルカが主人公。
見た目もカッコよく、かわいくなった二人が フォレスト王国だけでなく、世界各地のお宝を探します。
そして究極のお宝として、オヤブンが残したという「虹色の宝物」を君は発見することができたかな?
テーマカラーは「虹色」
キーワードは「本当に大切なもの」

2015年アドベンチャーラリー

2015年アドベンチャーラリー

下っ端山賊団の独り言

アドベンチャーラリー「フォレスト山賊団」シリーズがいよいよ完結いたしました。
7年かけて制作したアドベンチャーラリーへの思い(構想)は、最終作の虹色の宝物で、最後の宝箱に込めさせていただきました。
皆さんは見つけてることができましたか?
その宝箱の中にあった(というか、そこに見えた)ものがアドベンチャーラリーに参加した方、それぞれの一番大切なものだから
一生大切にして欲しいと切に思うのです。

そーんな願いで作ったアドベンチャーラリーですが、2016年からは、なんと新シリーズになって登場します。
こんどは小さなカラスと壊れかけロボットの凸凹コンビが織り成す珍道中。
どんな旅になりますやら、皆さま、どうぞお楽しみくださいね!
って、下っ端山賊の俺には、詳しいことは良くわかんないですけどね。
今まで、興味があってもストーリー物でしょ?と敬遠していた方にも、ぜひ新しく挑戦していただければ幸いです。

追記、カイルたち山賊はどうなったか気になるって?
彼らとその子孫は、世界各地の秘宝を求めて山賊や占い師、学者などいろんな姿に変えて、今でもお宝を探しているとか。
歴史の表舞台に登場したり、その裏側で暗躍しているとも聞いています。
唯一分かっているのは
彼らが、「Kの一族」と呼ばれていることだけ。
でも、それは、また別のお話。

7年間、ありがとうございました。
引き続き新しい冒険もお楽しみください。

pagetop